バルトレックスの画像と車を運転する女性・高所作業中の男性のイラスト

ヘルペスの治療薬として代表的なバルトレックス。しかし服用の際、車の運転や高い場所での作業は注意が必要です。それは何故か、まれに意識の低下などが見られるからです。気を付けるべきポイントをしっかり押さえてヘルペスを治しましょう!

抵抗力が落ちてヘルペス、匿名でバルトレックスが処方

バルトレックスは、ヘルペスウイルスの治療薬です。

性器ヘルペスは、感染者の粘膜や皮膚などに接触することで感染する恐れがあり、一度治っても再発を繰り返しやすい病気でもあります。

ヘルペスウィルスは完全に体の外へ追い出すのは難しいため、風邪をひいていて免疫力が落ちてたり、寝不足で疲れ気味だったりすると、また繁殖して症状を悪化させることがあります。

中には検査や処方をしてもらうのに抵抗がある人もいることかと思われます。

ヘルペスに感染しているかの検査は、もちろん病院によって匿名でできますが、医療機関で検査を受けなくても検査キットを購入してそれで自分で調べればさらに匿名率が上がるといえます。

バルトレックスの処方においても、病院によって保険適用ができないところであれば匿名で処方してくれるかもしれませんので病院で確認しておくのが良いでしょう。

また、ヘルペスの症状が出始めてからウイルスが体内で増殖を始める前に早めに服用するのが望ましく、もし増殖が終わってからの服用だと薬の効果があらわれず治療に時間がかかる可能性があります。

そのため、また再発して医療機関に赴くのが難しいという人は、インターネットで海外から個人輸入できますのでそこで購入して常に持ち歩いているのも良いかもしれません。

ただ、海外から輸入した場合には薬に服用については自己責任になりますし、万が一悪質なサイトに当たってお金だけ取られてしまうようなことになっても自分の責任となってしまいますので注意しましょう。

海外とのやり取りが不安な人は、大手の海外個人輸入サイトなどを利用するのも良いでしょう。

とにかく、ヘルペスの治療には早期発見早期治療が望ましいので、すぐ直るからと放置せずに早めに対処することを心がけましょう。