バルトレックスの画像と車を運転する女性・高所作業中の男性のイラスト

ヘルペスの治療薬として代表的なバルトレックス。しかし服用の際、車の運転や高い場所での作業は注意が必要です。それは何故か、まれに意識の低下などが見られるからです。気を付けるべきポイントをしっかり押さえてヘルペスを治しましょう!

例外的に処方制限がされてないバルトレックスの費用

バルトレックスは、性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹、小児の水疱瘡などに効果のある治療薬の一つです。

特に、性器ヘルペスは一度治療をして改善しても体内のヘルペスウィルスを完全に追い出すことは難しく、再発を繰り返しやすい病気でもあります。

感染者の皮膚や粘膜、感染者の体液のついたタオルなどを使用することで感染し、もちろん性行為によっても感染します。

きちんと治療をして落ちていても、睡眠不足で体が疲れていたり免疫力が落ちていたりすると症状が出やすく、症状が悪化する前に早めに薬を飲むことが望ましいとされています。

ヘルペスウィルスが増殖を始める前に服用しないとあまり効果がなく、症状が出始めたらすぐに医療機関で処方してもらい服用するのが良いでしょう。

性器ヘルペスは、再発を繰り返しやすい病気であるということから、例外的に処方制限がないとされています。
ただ、この場合年6回以上再発を繰り返すということが条件であり、性器ヘルペスの再発抑制というのが適応症として加わったためでもあります。

バルトレックスにかかる費用は、1錠あたりだと約559円とされていて、2錠服用する場合には1118円となり診察料などがかかってくるとさらに費用がかかるとされています。

インターネットで海外から個人輸入で購入したりあるいは個人輸入最高サイトなどから購入も可能ですので、その場合だと初診料などがかからず薬代のみなので安く済むといえます。

性器ヘルペスは症状がひどくなる前に早めに服用する方が効果が期待できるので、常に常備しておいていつでも服用できる状態を作っておいた方が良いかもしれません。

ただ、海外からの輸入の場合は自己責任となりますので、もし副作用が出たりした場合には早めに医療機関で診てもらうのが良いでしょう。