バルトレックスの使い方

バルトレックスの画像と車を運転する女性・高所作業中の男性のイラスト

ヘルペスの治療薬として代表的なバルトレックス。しかし服用の際、車の運転や高い場所での作業は注意が必要です。それは何故か、まれに意識の低下などが見られるからです。気を付けるべきポイントをしっかり押さえてヘルペスを治しましょう!

バルトレックスはヘルペス以外にも効く?

■バルトレックスを入手
バルトレックスを通販しよう
バルトレックスは、抗ウイルス剤として分類される医薬品の一種で、特に単純ヘルペスウイルスとよばれるものに対してすぐれた効果を発揮することがわかっています。
そのため、子供のくちびるのまわりや口のなかの粘膜などに、白い斑点のような水ぶくれが大量にできてしまう、口唇ヘルペスのような病気で処方されることが多いといえのす。
また、性行為によって感染してしまう可能性もある、性器ヘルペスとよばれる病気に対しても、症状が発現する部位やウイルスの細かなタイプは違いますが、同様に効果を発揮します。
口唇ヘルペスの場合、単純ヘルペスウイルスI型とよばれるものが、性器ヘルペスの場合には、単純ヘルペスウイルスII型とよばれるものが、主に病気の原因となるウイルスですが、これと構造的に近いなかまにあたるウイルスとして、帯状疱疹ウイルスのようなものもあります。
したがって、このバルトレックスは、皮膚に帯状の水ぶくれができて痛みをとみなう病気である帯状疱疹や、やはり同じウイルスが原因となって、主に子供の皮膚が赤くなったり水ぶくれができる水ぼうそうなどの治療に対しても有効であるといえます。
ただし、成人の場合であれば、口唇ヘルペスの治療には1回につき有効成分の量として500ミリグラム相当を、1日2回ほど服用するのに対して、帯状疱疹の治療には1回につき1000ミリグラム相当を、1日3回ほど服用することになっていますので、病気によって服用する量も回数も異なることになっています。
また、子供の場合であれば、さらに体重などに応じて服用する量が違ってきますので、この点も服用するにあたって特に注意しなければならず、守らなければ副作用のおそれもあります。

■バルトレックス以外の抗菌剤もあります
レボクインの詳細とは
■病院でも処方されている医薬品でバッチリ治しましょう
アンピシリン